您当前的位置 >> 首页 > 日语阅读 > 精选中日文对照阅读300篇

300篇精选中日文对照阅读 31 障害者山本さん

2012-05-04  作者:  来源:恒星日语学习网  字号:T|T

  300篇精选中日文对照阅读 31 障害者山本さん

   障害者山本さん

  滋賀県に住む山本まゆみさん(27)は、スーパーで買い物用のカートを回収するのが主な仕事である。一日中、1階から4階まで歩きまわる。回収箱にたまった牛乳パックやトレーの整理もする。夏は汗だくになり、冬は手がかじかむ。   住在滋贺县的山本真由美(27),其主要工作是将人们在超市购物时所用的手推车推回原处。整天她都必须在1至4楼来回走动。同时她还从事一些堆积于回收箱内的牛奶盒和托盘等的物品的整理工作。夏天是汗流浃背,而冬天则双手冰凉。   山本さんは知的障害がある。工場で働いた後、あこがれていたスーパーの求人に応募した。7年前のことだ。最初は、「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」をなかなか言えなかった。いまでは、お客さんから「よくがんばっているね」と声をかけられる。   山本有智力残障。在工场工作过一段时间之后,她来到向往已久的超市应聘。(说来)这已经是7年前的事情了。刚开始,她甚至连"欢迎光临""谢谢"这样的话也不会说。但现在,却时常有客人对她说"干得不错呀"。   そうした日々をつづった「私のまわりの人達」が、内閣府で募集した障害者週間の作文の高校生?一般市民部門で最優秀賞に選ばれた。そこでは、「お店で仕事をする事がとても楽しいのです」と書かれている。   描绘着这样生活的文章《我周围的人们》,在内阁府主办的残疾人之周的作文中,被高中生、普通市民部评选为最佳奖。文中写到:在店里工作是非常愉快的事情。   作文には、同じ障害のある男の子が登場する。エレベーターに興味があるらしく、週末にはいつもスーパーのエレベーターの前で遊んでいる。「私は、心の中で「いつまでもここであそんでいていいよ」といいたくなります」。そう書いたが、最近、姿が見えず、心配でたまらない。   文中,还出现一个同样具有残障的男子。他似乎对电梯很感兴趣,每到周末总是在超市的电梯前玩耍。"在我心里,其实很想说'你什么时候在这儿玩都行'"。虽然文中是这么写着,但最近却总不见那人的身影,着实令人担心。   山本さんは、どんなことにも積極的だ。月に2回、男女混成の障害者のサッカーチームで練習する。夏には、障害児のサマースクールにボランティアとして参加した。   山本,热心参与所有的事情。每个月2次,她会参加男女混合的残疾人足球队进行练习。而在夏天里,她又会作为自愿者参与到残障儿的暑期学校中。   あす、東京で、表彰式が開かれる。山本さんは、最優秀賞の小学生、中学生とともに、自作を朗読する。「今私に悲しい事は、なにもありません。楽しいことがいっぱいあるからです」。そんな元気な声が会場に響くはずだ。   明天,东京将召开表彰大会。山本,将与获得最佳奖的小学生、初中生一起朗读自己的作品。"现在,对我而言,并不存在任何难过的事情。因为我的生活中到处都是快乐的事情。"这精神十足的声音届时将响彻会场。

  更多本类内容详见>>精选中日文对照阅读300篇