您当前的位置 >> 首页 > 日语阅读 > 日语阅读泛读

日本民间故事:陌生男子送来的袈裟

2012-02-07  作者:  来源:恒星日语学习网  字号:T|T

  日本民间故事:陌生男子送来的袈裟

  むかし、伊豆にある大きなお寺では『輪番(りんばん)』といって、三十一年ごとに住職のお坊さんが小田原にあるお寺へ行って、おつとめをすることになっていました。

  很久很久以前,在伊豆的一个大寺庙里,有种称为“轮班”的体制,就是每过三十一年作为住持的和尚就会去小田原的一个寺庙念经。

  ある日、『輪番』をおえた和尚さんが、小田原から伊豆のお寺へ戻る途中のことです。

  有一天,结束了“轮班”的和尚从小田原回伊豆寺庙的途中。

  ある屋敷に泊まって寝ていると、ふすまの向こうからお付きの若い坊さんがそっと声をかけてきました。「和尚さま。ただいま、至急お目にかかりたいという方が見えました。和尚さまは今夜はお疲れですから、明朝こられるようにと申しあげましたが、お帰りになりません。いかがいたしましょう?」

  在一户住宅里住下,要睡觉的时候,从隔扇对面传来了跟随着的小和尚的小声说话声:“师父。现在有个人急着要见你,我跟他说师父今天晚上很累,让他明天再来。可是他不肯回去,怎么办呢?”

  すると和尚さんは、「よいよい。何用かわからぬが、会ってみよう」と、部屋から出ていきました。

  和尚就说道:“好吧好吧。虽然不知道是什么急事,但还是见见吧。”然后就从房间里走了出来。

  そして玄関口へ行ってみて、びっくり。風呂敷包みをかかえて立っていたのは見上げるような大男で、顔はブツブツのあばたづらで、目玉がピョコンと飛び出し、まるでガマガエルの化け物のようです。

  走到大门口时,却大吃一惊。抱着一个包袱站着的是一个身材高大的男人,他脸上坑坑洼洼的,眼珠子像是要突出来一样,简直像是蟾蜍的化身。

  男は、和尚さんに頭を下げました。「わたしは、ここの隣村に住む者ですが、ひそかに和尚さまにお話ししたいことがありまして、こんなごめいわくな時分にやってきました。どうか、お許しください」

  男子对着和尚鞠躬说道:“我是住在隔壁村子里的。我有话想单独和你说,所以在这样的时间里打扰你。请您谅解。”

  見かけによらず、なかなか丁寧な男です。

  不去看外表,还真是个有礼貌的男子。

  更多本类内容详见>>日语阅读泛读