您当前的位置 >> 首页 > 日语阅读 > 日语阅读泛读

趣味阅读:日本民间小故事 次郎吃地瓜

2012-02-07  作者:  来源:恒星日语学习网  字号:T|T

  趣味阅读:日本民间小故事 次郎吃地瓜

  むかしむかし、ニシンで大漁に捕れることでさかえた北海道の江差に、次郎という、とんちのきく男がいました。

  很久很久以前,在因能大量捕捉到鲱鱼而繁荣起来的北海道江差,有个叫次郎的聪明男子。

  ある日の事、次郎がお腹を空かして町を歩いていくと、イモを煮ているおいしそうなにおいがただよってきました。

  有一天,次郎空着肚子在镇上走,一股煮红薯的香味扑鼻而来。

  「おや?どこの家で煮ているんだ?」においをたどっていくと、知り合いの家の前に出ました。

  “哎呀?这是谁家在煮红薯呢?”循着香味,来到了朋友家门口。

  (こいつはいい。うまいことして、イモを食ってやろう)そう考えた次郎は、「やあやあ、今日はお天気も良くて、気持ちが良いですな」と、あいさつをしながら、知り合いの家に近づいていきました。

  (这家伙就好办了。哄哄他,然后吃点红薯吧。)次郎这样想着,就一边打着招呼:“呀呀,今天天气不错啊,心情也很好嘛。”一边走近朋友家。

  次郎に気がついたこの家のおかみさんは、次郎にイモを食べられては大変と、ナベにふたをして知らん顔です。

  注意到次郎了的老板娘想着要是被次郎吃了红薯就麻烦了,于是就把锅盖上盖子,装着什么都没发生的样子。

  次郎は少し声をひそめて、おかみさんに言いました。「実はさっきな、アミの家の隣で、ものすごい夫婦げんかがあったんだ。こんなすごいけんかは見たことがねえ」

  次郎压低声音对老板娘说道:“其实刚才朋友隔壁家有对夫妇吵架吵得很厉害。这么厉害的吵架还真是头一次看到呢。”

  するとおかみさんが、話しに興味を持って聞きました。「ほう、そうね。して、どんなようすだったね?」

  老板娘对这话显然很有兴趣,问道:“哦,是吗。那是什么情况啊?”

  更多本类内容详见>>日语阅读泛读