您当前的位置 >> 首页 > 日语阅读 > 日语阅读泛读

日本凄美爱情故事:不被祝福的恋人

2012-02-07  作者:  来源:恒星日语学习网  字号:T|T

  日本凄美爱情故事:不被祝福的恋人

   今から四百年ほど前、長崎の町に、お小夜(さよ)という美しい娘がいました。

  在至今大约四百年前,在长崎镇上,有个叫小夜的美丽姑娘。

  お小夜はキリスト教を信仰するキリシタンで、その美しい姿は絵に描かれたマリアさまにそっくりなので、人々はお小夜の事を『マリアのお小夜』と呼んでいました。

  小夜是信仰基督的基督教徒,她美得和画中画的玛利亚一模一样,所以人们称小夜为“玛利亚小夜”。

  その頃、与次郎(よじろう)という若者が、南蛮寺(なんばんでら→キリスト教会)の門の前で花売りをしていました。

  那时,有个叫与次郎的年轻人,在南蛮寺(基督教会)的门前卖花。

  お小夜は毎日、与次郎の花を買っては南蛮寺にお供えしていたのですが、いつしか二人は恋仲になっていたのです。

  小夜每天都会买与次郎的花去南蛮寺供奉,但不知道什么时候开始两个人就相恋了。

  やがて二人の事が、町のあちこちでうわさされるようになりました。

  不久之后,关于这两人的流言就传遍了整个小镇。

  お似合いの二人でしたが、まわりは二人を祝福してくれません。

  明明是很般配的两个人,但是周围的人却并不祝福这两个人。

  なぜなら当時のキリシタンには、他の宗派の男女と付き合ってはならないという厳しい掟(おきて)があったからです。

  要说为什么,那是因为当时的天主教,有严格的戒律不许和其他宗派的男女交往。

  ある晩、二人は人目をさけて浜辺で出会っていました。

  有一天晚上,两个人避开别人的耳目,在海边约会。

  ところがこれを、神父に見られてしまったのです。

  可是这却被神父看到了。

  捕まった二人は、神父たちにとても厳しいおしおきを受けました。

  神父们严惩了抓到的两个人。

  特に与次郎の方はキリシタンをたぶらかした極悪人として、長崎港の沖に浮かぶ『かぶと島』へ島流しにされたのです。

  特别是对与次郎,把他作为拐骗天主教徒的罪大恶极之人,将他流放到了长崎港海面浮着的“甲岛”上去了。

  更多本类内容详见>>日语阅读泛读