艇輝念議了崔 >> 遍匈 > 晩囂堋響 > 晩囂湧三絞並

7.表占議慕隈

2012-04-30  恬宀  栖坿冴佛晩囂僥楼利  忖催T|T

  7.表占議慕隈

むかしむかし、ある紡に、坿學┐欧鵑討庁という、才賓(おしょう)がやってきました。
 翫の繁たちは、仟しい才賓さんにあいさつしようと、x碧並をKえると紡にやってきました。
仝こんばんは、才賓さん。???拭
仝はて拭,匹海砲癲△らんようじゃが々
と、いいながら才賓をさがすと、なんと坿學才賓は、お銘の塁功の貧で焼をのんでいました。
 これには、翫の繁たちはすっかりあきれて、
仝ぼうずのくせに、帛gから焼をのんでござる。ちいと、かわっとるとちがうか、あの才賓々
仝ちいとどころじゃねえ。あんなやつ猜屬砲靴箸譴鵑錣ぁけえろうや々
と、みんな「ってしまいました。
 翫の繁たちからは猜屬砲気譴覆なった坿學ですが、うら表にすむ徨ダヌキたちには、すっかり櫃鉾襪蕕譴討靴泙い泙靴拭
仝おもしろそうな才賓さんだで、[んでくれるかもしれん々
と、徨ダヌキたちは、繁gの徨どもにばけて、坿學の念に竃ていきました。
仝才賓さん、なにしよるんじゃあ。おらたちもなかまに秘れてくだせえ々
 徨どもずきの坿學は、ニッコリして、
仝いいとも、いいとも。それじゃあ、iみきを縮えてやろう々
と、それはいっしょうけんめいに、徨ダヌキたちに縮えてやりました。
 徨ダヌキたちは、寄よろこびです。
仝才賓さん、お埖さまって、どうくんじゃ拭
仝おらにも、縮えてくれろ々
 そのうちに徨ダヌキたちは、たいそうiみきが貧返になりました。
 坿學と徨ダヌキたちが、たのしそうにしているのをた翫の徨どもたちが、なかまに秘れてほしいとやってきました。
仝えんりょはいらんぞ。なかまは謹いほどはげみになるでのう々
 こうして翫の徨どもたちもいっしょに、返い(てならい→お茶)をするようになったのです。
 そんなある晩のこと、翫の徨どもたちは、除くの寒でとった~を坿學にさしだしました。
仝おらたちにゃ、これくれえしか撰ができねえんだが、焼のさかなにしてくれろ々
 その晩の「り祇、徨ダヌキたちは、鹿まって獗しました。
仝櫃つかなんだのう。こんなにいろいろ縮えてもろうたのに、なんのお撰もしなかったな々
仝そうだとも、おんは卦さんとな々
仝そういえば、才賓さんは、嚏の晩に焼をIいにいくのが、なんぎじゃというとられたぞ々
 それからというもの、徨ダヌキたちは繁gの徨どもにばけて、嚏の晩の櫓ぐれにはかならず焼塁まで焼をIいにいき、坿學にとどけるようになりました。
 ところが焼塁の麼繁が、焼をIいにくる徨どもたちのようすが、どうもおかしいと房っていました。
仝きっと、あの徨どもたちはタヌキにちがいない。きょうこそは、しっぽをつかんでやる々
 そうとは岑らない徨ダヌキたちは、いつものように、高る墳で恬ったお署を隔って、焼をIいにきました。
 ところが焼塁の麼繁が、いきなりをバタン ,箸靴瓩燭里如▲咼奪リした徨ダヌキたちは、しっぽをひょっこりだしてしまいました。
仝やっぱり、おまえらはタヌキじゃったんだな。このいたずらダヌキめ 
 焼塁の麼繁に、ひどいめにあわされてからは、徨ダヌキたちは、屈業と繁戦にすがたをあらわさなくなったそうです。
仝あの徨たちがタヌキじゃったとは。わしをよろこばそうとしたために、かわいそうなことをした々
 坿學はかなしみました。
 でも、このことで翫の繁たちも、ようやく坿學のやさしい繁がらを岑るようになり、Hしくいききするようになったそうです。
 

  厚謹云窃坪否蠎>>晩囂湧三絞並

    犢慘蔦